アミューズメントメディア総合学院 東京 恵比寿

  • アクセス
  • メニュー
入学をお考えの皆さまへ
美術系高校・大学からAMG に進学した活躍している卒業生たち

アニメ・ゲーム3DCG学科では美術系の高校、または大学・専門学校を卒業した後でAMGへ進学し、夢を叶えた卒業生を毎年多く輩出しています。
AMGでは多くの『夢』を描く高校生・大学生・専門学校生・社会人に『現場に求められること』を実践を通して学ぶ機会を提供します。

卒業生の声
あなたの作品を見せてください
卒業生の声
杉山祐香さん 2011年卒 フリーイラストレーター AMG入学前の経歴 私立東京造形大学卒業

3DCG(グラフィック)に興味を持ったのはいつ頃ですか?
大学時代です。参加していたプロジェクトで2Dイラストを描く機会があったのでその時に初めてPhotoshopと板タブを使いましたが、当時は全然使い方がわからなくてアナログの方が描きやすいと思ったので、結局プロジェクト終了後あまり使いませんでした。

大学卒業後に専門学校に再進学を決めた理由を教えて下さい。
大学後1年デザイナーとして働いてたのですが、もっとスキルを身に付けたいと思ったのと、色々な人と出会って切磋琢磨して向上したいと思ったからです。

専門学校でAMGを選んだ理由を教えて下さい。
学校見学に行った際に、夜まで自主的に頑張っている学生が多く、プロを目指せる環境だと感じました。
実際にAMGでは商業ゲームの制作をしたり、在学中からプロとして報酬をもらいながらお仕事をする機会がたくさんあります。
最初は不安でしたが2年間をサポートしてくださる担任の先生もプロのクリエイターなので、安心して入学を決めることができました。

進学を相談した時の先生や保護者の反応はでしたか?
また学校に行くと言った時は呆れられました。
でも、この2年で成果を出すという条件と、お金は社会人になった時の貯金も使ってという話で覚悟見せてどうにか納得してもらいました。

学院生活での思い出を教えて下さい。
日々新しいことの連続で、あっという間の2年間でしたが、一番の思い出は在学中からプロとして仕事をするコンペに選ばれたことでしょうか。
嬉しい反面、プロの仕事として評価されるというプレッシャーは重く、それをやり遂げたことは何よりの成長に繋がったと思います。

クリエイターを目指す後輩にメッセージをお願いします。
進学には覚悟がいると思います。 一度進学したことがある方は、この二年間がどんなに貴重なものであるか知っていて重圧を感じることもあるかもしれません。 しかし、AMGでは頑張った分だけ結果は必ずついてきます。 夢を、夢で終らせずに、自分の力でつかみ取ってください。 そのために先生方も全力でサポートしてくれます。 私もまだまだやりたいことがたくさんあるので、一緒に目標に向かって頑張っていきましょう。

杉山さんの作品
杉山さんの作品1
杉山さんの作品2
杉山さんの作品3
山下沙羅さん 2015年卒 株式会社スクウェア・エニックス AMG入学前の経歴 都立総合芸術高等学校卒業

3DCG(グラフィック)に興味を持ったのはいつ頃ですか?
CGに関しては、幼少期からCGを扱える環境があったので、お絵かきBBSから始まり、素材アイコン、コンテスト、同人活動など、様々なことをやっていました。
3Dに関しては、高校時代に行なった塑像の経験から興味が湧き、AMGに入るまではメタセコイアなどのフリーの3Dツールをさわっていました。

進路先として美術系の大学や他の専門学校ではなくAMGを選んだ理由を教えて下さい。
高校時代後半にゲーム業界を目指そうと決意してからは、1日も早くゲームのプロが居る現場で仕事をしたいと思っていました。
2年間でプロの実力が身につくAMGはその目標に近づける環境に特化していました。

AMGを選んだ理由を教えて下さい。
AMGの共同制作カリキュラムは入学当初から始まり、他の学校より実践的で、とても魅力的でした。
短期間で卒業までに最低4作品ものゲームや映像を完成させる実践的なカリキュラムなので、先生には「中途半端な気持ちでは、大変だよ。」という事を言われました。
厳しい事も包み隠さず話してくれましたので、とても信頼感を持てました。

進学を相談した時の先生や保護者の反応はどうでしたか?
AMGに行きたいと考えるのは簡単ですが、進学は人生で大きな分岐点なので、当たり前ですが高校の担任や両親は慎重でした。
AMGに行くことで自分にどんなメリットがあるのか、またAMGである必要はあるのか、事細かにリサーチしました。
決め手になったのは商業作品を在学中から学内で制作し、商品として世に送り出す機能をAMGが持っていたことです。
ここでなら本物の実力が身につくと思い、高校の担任や親を時間を掛けて説得しました。
じっくり話を聞いてくれた上で、入学を許してくれた両親には感謝しています!

学院生活での思い出を教えて下さい。
毎日目まぐるしく、課題、課題、課題、で忙しかったのですが、遊ぶ時は遊ぶ、勉強の時は勉強、とONOFFがはっきりしていたので、クラス全体がしっかり集中して打ち込めていました。
皆授業外でも意欲的に教師陣へ質問をするなど、自然と全体が切磋琢磨できる環境だったと思います。

学院で学び、今活きている事を教えてください。
学んだことで無駄なことは何一つありません。
中でも一番活きている事を上げるとすれば、AMGならではの、『プロとしての作品制作をするという場』において、作るもののビジョンをしっかり合致させるために、メンバーとよく話し合い完成までさせた経験でしょうか。
話し合うということは、自分の意見を明確に言語化する必要があり、そして相手の意見をくみ取らなければなりません。
学院時代から今現在も一番難しいことだと思っていますし、失敗もします。
ですが、しっかり話し合った結果、メンバー全員が思う理想の作品を完成させることは嬉しい事ですし、達成感もあります。
常日頃から話し合うことを意識しています。

クリエイターを目指す後輩にメッセージをお願いします。
やりたい事を実現させる事は、楽しくもあり辛くもあります。
一人で悩む必要はありませんし、そもそもゲーム業界だけでなく仕事を一人で完結させることはできませんので、同じ志を持った仲間と共に切磋琢磨しあってください。
きっと実現できると思います。ゲーム業界のどこかで、『AMGの先輩・後輩』として皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

山下さんの作品
山下さんの作品1
山下さんの作品2
山下さんの作品3

(C)Disney Developed by SQUARE ENIX

あなたの作品を見せてください

あきらめない、チャレンジ。
AMGの現場で活躍するプロ講師陣があなたの作品に対して講評・添削を差し上げます。
あなたの「夢を、夢で終わらせない。」お手伝いをします。

今すぐチャレンジ
対象者

高校生・大学生・短大生・専門学校生・社会人が対象となります。
イラスト・2D・3Dいずれかの作品を提出してください。
※上記以外の方はご相談ください。

申し込み方法

体験説明会に参加しご持参ください。

イラスト・2D・3Dいずれかの作品を提出してください。

1.アナログ作品の場合
・作品現物
・スキャンもしくは撮影したものを保存した携帯端末
※それ以外に関してはご相談ください。

2.デジタル作品の場合
・スキャンもしくは撮影したものを保存した携帯端末

遠方の方、もしくはお時間が合わない方

平日実施の個別相談会よりお申し込みください。

お問合せよりご連絡いただきメールで対応させていただきます。
※講義として講評・添削をさせていただきますので、ご来校をお勧めさせて頂いております。
どうしてもという方はこちらよりご相談ください。

学科からのお知らせ

AMGをもっと知ろう

AMG夏フェス開催
  • 資料請求 2分で簡単申込! 学校が見えてくる 無料進呈中!
  • イベント 学校見学・個別相談会 大学生社会人の為の個別入学相談会
  • AOエントリー受付開始
  • 保護者説明会
LINE @amg_pr 最新の情報を配信中! 今すぐお友達登録してみよう